病院治療の男性

男性の脱毛症

誰も居ない病室

AGAと呼ばれている男性に生じる脱毛用は遺伝することがある病気として認知されています。AGAの症状を改善するために活用されているのがプロペシアです。プロペシアは副作用のある薬ですので注意して服用しましょう。

自宅でセルフケア

笑顔の医師たち

多くの男性が抱えている悩みの一つに薄毛が挙げられます。また、男性だけではなく近年では若い女性も薄毛に悩む人は増えており自分に合った育毛シャンプーを利用することで改善することが出来ます。

副作用を知る

粘土でできた患者と看護師

男性の薄毛にAGAがありますが、AGAを治療する際に使用されている内服薬としてプロペシアが挙げられます。プロペシアは内服薬となっているので副作用があり、把握した上で服用することが大切だといえます。

費用が異なる

聴診器を持つ看護師

薄毛でお悩みならAGA治療をしませんか?コチラに口コミ評判の良いクリニックがランキング形式で掲載されてますよ。

AGA治療薬として有名なプロペシアの副作用を調べるならこちらをご覧ください。気になる情報がチェックできますよ。

育毛シャンプーの成分と価格

髪の毛や地肌に優しい低刺激なシャンプーのことを育毛シャンプーということがあります。一般的に売られている高級アルコール系シャンプーはシリコンが入っていて髪の毛を綺麗にコーティングしてくれます。しかし、地肌にとっては刺激が強く、抜け毛の原因になる可能性があります。 育毛シャンプーはアミノ酸で出来ていて、シリコン不使用なので髪の毛にとっても地肌にとっても優しいのが特徴です。洗浄成分がソフトで頭皮に潤いをもたらす効果があります。 育毛シャンプーは3千円代後半から1万円代後半の価格帯で売られています。中には2万円近くするものもあります。しかし、コスパがいい手頃な価格の3千円代の商品が人気なようです。リンス不要の商品もあり、ボトル一本買えばだいたい2ヵ月くらいは持ちます。

定着したのは戦後になってから

最近はよく育毛シャンプーのコマーシャルを見かけますが、そもそも日本で毎日髪を洗うという習慣が根付いたのは戦後になってからのことです。東京オリンピックの年ぐらいから普及しだしたそうです。 しかし、その前にもシャンプーというものはありました。昭和1年に日本で初めてシャンプーが販売されています。液体状のものではなく、粉末状のものだったそうです。ただし、その当時はシャンプーはかなりの高級品で、お金持ちしか買えないものでした。 では一般庶民は何で髪の毛を洗っていたかというと、石けんや米のとぎ汁などを使って洗っていたそうです。戦後になってから普及したシャンプーは昭和60年代に起こった「朝シャンブーム」によりさらに定着しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加